2006年06月30日

アニメ「ガラスの仮面」最終回

Gyaoで観てたガラカメがついに最終回を迎えましたー。
原作は高校の時適当に、本当に適当に読んでただけだったので、
アニメ化に際しどこがどう変わったのか詳しくはわかりませんが、面白かったです。
マヤが風に飛ばされた小道具(衣裳か)のスカーフを
ぼーっと見送ってたのには驚いたけど、それも伏線だったし、よしとしよう。

私がいた演劇部では亜弓美さん派が多く、私もその一人だったのですが、
亜弓美さんに惹かれるその理由が紅天女の試験過程で分かりました。
あくまで私の場合ですが……。
亜弓美さんは演技として全身で表現するのに対し、
マヤは口で説明する演技が多いのです。もちろん黙ってやってるのもあるけどさ。
あと天才的な才能でピンチを乗り切るマヤよりも、
考えて、努力して、一生懸命頑張る亜弓美さんのほうが
「自分」に近くだぶって見えた、ってのもあると思う。
それでも吊橋から落ちそうなマヤを見殺しにしようした亜弓美さんには
正直驚きましたがああああああああああ。

歌もいいですよね。ノリノリで。
Step Oneだったかな。あれが好きです。「春夏秋冬 朝から夜まで」ってやつ。
流れる絵も綺麗だった。

漫画はどうやって終わるんでしょうか?


posted by おじょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。