2006年06月10日

戦う司書と恋する爆弾

戦う司書と恋する爆弾

【ラノベ】戦う司書と恋する爆弾
著:山形石雄 出版:集英社
スーパーダッシュ小説新人賞・大賞受賞作

人は死ぬと「本」になる。
そして「本」を管理するのは図書館の役目。
そこに最強の武装司書であり、館長代理のハミュッツ=メセタがいる。
コリオは命じられた。「ハミュッツ=メセタを殺せ」
コリオはハミュッツ=メセタを殺すために作られた爆弾だった。




※以下ネタバレ



まず多くの人がタイトルに目を惹かれると思うんですね。
本好きにはなぜか司書というキーワードに魅力を感じる人が多い。
しかもそれが戦うとなるとキュンっとときめいちゃうわけですよ。キュンっ
さらに気になるのが「恋する爆弾」。爆弾が、恋???
「恋する部品製作所」のCMを思い出しつつこの小説を手に取るでしょう。
そして読んでみると本当に司書が戦って、爆弾が恋をしてます。
タイトルまんまだぜぃ!!!

死んだ人間の記憶が本になり、それを保管する司書……という話。
実は以前ネットで見たことがあります。
だからといってパクリだのなんだの騒ぐつもりはありません。
ただやっぱり設定としてかぶってると私の脳は認識してしまうので
そこから派生する物語がどう広がっていくのか違いを見守る――
ということに、今回の私の読書姿勢は設定されました。うぃーん

ネットで見た話も好きですが、こちらはこちらで面白い。
まだらの髪をした少女に「猫色の姫様」とあだ名をつけるセンスに脱帽。
そういう意味では「三毛ボン」も素敵か。(笑)
やっぱりプロはこうでなくちゃ! と、改めて料理の仕方次第で
どうとでも転ぶのだということを痛感しました。
……これ受賞作だけどね☆

時空を超えた愛、というのに惚れました。
「どちらが先に恋をしたのか」この一文にも鳥肌。

姫様の生き方がかっこいいんだこれがまた。
言わずと知れた「戦う女の子スキー」の私。見事にぞっこんです。

最強の司書。ハミュッツを殺すために爆弾にされた少年。
怪しい宗教団体の存在。そして300年も昔の物語。未知の病気。
読み進めていく内にそれらが一つになる興奮。最高でした。
絵柄と話の雰囲気で敬遠していた時期が嘘のように夢中で読みました。

悲しいラストもより物語を引き立てているように思えます。
けど、続きは読まないだろうなー。
2・3巻のレビューがいまいちだった、というのもあるけど、
これはこれで完結していると思うので。
美しいと感じたまま放っておくのが一番の時もあるはず。
posted by おじょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19089764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。