2006年05月26日

クリスマス上等。

クリスマス上等。

【ラノベ】クリスマス上等。
著:三浦勇雄 出版:メディアファクトリー
MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞

イヴ。鉄平が一人寂しく家でケーキを食べていると、
押入れから現われたのは全身赤づくめの女。それも異世界の。リポーター。
幸薄少女を救う番組らしく現在生放送中。タイムリミットは4時間後。
サンタクロース役を宛がわれた鉄平が救うのはクラスメイトの古都ゆかりだった。




※以下ネタバレ



早くも今月4巻が発売された上等シリーズ。
今は春か梅雨かもう夏かという季節で次のクリスマスは7ヶ月後だけど。
クリスマス。上等です。

非常に熱さ溢れる作品でした。
作品紹介を読んだ当初思い描いていたイメージとは異なりましたが
それもいい意味での裏切りです。誰もテロを偽装した武装集団と
闘う話だとは、そりゃあ想像できないでしょう。
天性の戦闘センスを持ち、孤独を理解するフツーの高校生男子が
クラスのちょっと気になるあいつを血まみれになって救いにいく……。
それを異世界の人間が手助けしつつ生中継する。
実は武装集団の首班も異世界の生命体で、
ただそれはリポーターが来た世界とは異なり……。
こんな感じでひたすら熱い。

生放送ということで4時間の制限時間が設定されています。
おかげで最後まで休むことなく突っ走る爽快感・テンポはありますが
逆をいえばその流れを維持するためにご都合主義になり、
軽く流されているところもあります。

ラスト1行が見開きの挿絵に書かれているのが漫画的でありラノベ的。
私は効果的だと思ったし、好感も持てたのですが、
MF文庫はこういう演出で統一しているのでしょうか。
今さら気になりました。(笑) 本当に今さら。

槍ヶ岳が好き。
前からぁゃιぃとは思ってたけどどうも私はおかっぱキャラに弱いようです。
これで槍ヶ岳がお姉さんキャラじゃなかったらぞっこんだったでしょう!
普段はハイテンションでちょっぴり色気もあるけど
素はかなり口が悪いところもお気に入り。
posted by おじょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ラノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18388243
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

クリスマス上等。
Excerpt:  第一回MF文庫Jライトノベル新人賞の審査員特別賞受賞作っと言うことで、一年くらい前の作品なんですが、評判がかなり良いので今更ですが読んでみました。  主人公が、クリスマスの夜、異世界のテレビ番..
Weblog: 俺萌
Tracked: 2006-09-30 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。