2006年05月25日

ゼロの使い魔

ゼロの使い魔

【ラノベ】ゼロの使い魔
作:ヤマグチノボル 出版:メディアファクトリー

地球生まれ日本育ちの普通の少年、平賀才人は、異世界にいた。
そこには貴族がいて、彼らは魔法を使えた。
気が強いはプライドは高いは、外見だけは才人の好みのルイズもそんな一人。
しかも契約のお蔭で才人はルイズの使い魔になってしまう。




※以下ネタバレ



作者・ヤマグチさんのプロフィールを見て愕然。
カナリアやグリグリのことは知っていましたが、そうですか。
友人が(多分)大好きな魔界天使ジブリールのシナリオも担当されていましたか。
ああ、エロゲね。むろん私も大好きです。触手ネタが良い。

というわけで、エロゲのシナリオでもその痛快なギャグとテンポに
魅力を感じていたヤマグチさん。小説でもそれは健在。
主人公はひぐらしの圭ちゃん的キャラクターでよくも悪くも諦めが悪くしぶとい。
いきなり異世界、それも魔法が使えるファンタジーワールドに
召喚されたにも関わらず、抵抗なく周囲に馴染んだどころか
隙あらばルイズや他の女の子との微エロな絡みが飛び出します。
なぜルイズは魔法を使えないのか。
才人はガンダールヴなのか。
気になる謎も多く残されていますが最後まで楽しく読めます。

全寮制の魔法学校、ツンデレヒロインといった設定は最早侵食気味?
でもこれ初版が2004年なんですよ。当時ではまだ斬新さがあったの、かも。
魅力的なキャラが揃っていることには違いないです。
見てないけど……確かアニメ化もされましたよね。
【追記5/26】今年の7月から放送予定でした。
それにツンデレブームに拍車をかけたのはこのルイズだという話を
聞いたことがあります。……別のところではスクランの沢近だったけどさ☆

「とらドラ!」の後に読んだのは失敗だったかな。
細かくわけると大河もルイズもそりゃあ別の人間なんですが
大雑把な分類で見るとどっちもツンデレヒロインなんですよね。
間にワンクッション置いて他の作品読めば良かった……。
図書館で予約した本を順に読んでるので仕方ないか。
posted by おじょう at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | ラノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新着からきましたー!足跡ですっ!☆でゎ
Posted by はちみちゅ at 2006年05月26日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18353320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ゼロの使い魔 (1) 感想
Excerpt: ●ゼロの使い魔 第01巻 【公式】  2004年6月30日初版発行 ISBN 4840111057 【 内容 】 「あんた誰?」―才人が目を覚ますと、可愛い女の子が才人を覗きこんでいた..
Weblog: しばいてぃてぃ ライトノベル感想・人気投票
Tracked: 2006-05-25 20:17

頑張れ男の子!【ゼロの使い魔 1】
Excerpt: アニメが面白かったので、全巻購入。 というか、最早毎回言ってる気がするなぁ、これ。 '''いやはや、アニメ効果とは全くもって恐ろしいものです。'''..
Weblog: ラノベなPSP
Tracked: 2006-08-17 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。