2005年07月31日

星のダンスを見においで

【ラノベ】星のダンスを見においで 完全版
著:笹本祐一 絵:藤城陽 出版社:朝日ソノラマ

星のダンスを見においで 【完全版】

横須賀・どぶ板通り。そこに唯佳お気に入りの骨董品店はある。
経営者であるジャックは実は地球で隠遁生活を送る歴戦の宇宙海賊!
銀河の果てにあるという「笑う大海賊の秘宝」を求め、
唯佳は夏休みの予定を変更して宇宙へと旅立つ。
そこにはお宝を狙う同業者やジャックの元部下、連合艦隊の姿などがあった。




※以下ネタバレ



私の苦手なジャンルの一つにSFがあります。
今回の作品はまさにSFど真ん中のスペオペです。
それが400頁を超える2段組の活字に化けて、
さらに図書館で借りたものだから返却日を記すスタンプが
「早く読め〜早く読め〜」と私を責めるわけですよ。
借りてから2日は一切手をつけず、放置でした。だってあの分厚さは何?
だからといって、このままでは未読のまま返却日を迎えてしまうのは明白。
私は本を取りました。
「識別信号<小>(シーカー)、艦型(シルエット)一致してます。熱源反応(IRパターン)も確認……」
……うわー。何語?!意味が分からないよ、何いってるの?!
一文を3回は読んだと思います。
意味を咀嚼したら次の文へ、さらに3回読んでまた次……。
日常シーンが出てくるとどれだけ嬉しかったことか。(笑)
でもいつの間にか虜になっているのですから、スゴイですよね。
「囮<小>(デコイ)をばら撒いて電子妨害!攪乱幕から出るな!」ってなもんですよ。
ええ。どっぷりはまってしまいました。
おかげで野口さんのニュースからも目が離せません。衝角戦とかないの?

今まで避けていたので詳しくないのですが、
SFってのはこんなにも専門用語が出てくるんですか?
初心者にはとってもきつかったです。
私のようにSFジャンルを避けていた人はやはり同じように苦しむと思います。
一度でてきた単語はその内理解できるはずです。
でも衝角戦は最後までイメージできませんでした。それにどうして古いの?
(※はてなに説明があります。なんとなく分かりました。なんとなく)

白兵戦も好きだけど、連合組んでやるのもやっぱ好きですねー、私は。
膨大な各データを共有した確実・正確な情報量。
それに加えて、バラバラな性能を活かした上での機敏性。
ジャックはどうしてあんなに頭がいいんでしょう。
宇宙海賊やるために生まれてきた!って感じですよね。
唯佳も同じタイプかな。宇宙に出る前から「向いてるオーラ」を
放出していましたが、最後に教室を飛び出した唯佳が最高にかっこよかった!
ラストの数行しか出番のない少女もおいしかったですね☆
唯佳はいったい誰と結婚したんでしょ……。理解ある人だよね。
だっていきなり「おばあちゃんはね、昔々宇宙海賊で……」なんて言い出したら
孫としては笑顔で話を聞いてあげた後、陰で「とうとうおばあちゃんも」なんて
言って泣いてる両親を見てへこむしかないでしょ。
……リアルすぎですか、この想像。

私が知らないだけなのかもしれませんが、艦隊の設定や宇宙戦はとても
綿密に描かれていると思います。まずここで不満を持つ人はいないでしょう。
最後は加筆修正をした割にはやや駆け足な印象でした。
修正前がどんなラストだったか知りませんが、もうちょい描写が欲しかった。
余韻を残す必要があってあれだけの説明で終わっているのだろうけど
ある意味で唯佳と一緒に宇宙へ旅立った読み手としては
アレックスやアルピナや連合艦隊のその後が気になるんですよ!
白兵戦も見たかったし。秘法もさらっと流されちゃった感じがする。

この作品が初めて世に出たのは92年。10年以上前です。
当時の作品を読んだ人も10年経てばきっと見方が変わってくると思うので
造ひ読んで欲しいです。もちろん私のように初めての人にもオススメ。
posted by おじょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ラノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 宇宙海賊宇宙海賊(うちゅうかいぞく)は、人類が宇宙空間に進出した世界を描くサイエンス・フィクション|SF作品にしばしば登場する架空の犯罪組織である。.wikilis{font-size:10px;co..
Weblog: SFフリーク集合!
Tracked: 2007-11-08 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。